Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

思い 想い


 

どちらも「おもい」と読むこれら2つの言葉。


・「遙かなるスピードへの想い


・「我思う故に我在り」


 

何かに対する意思を感じさせたり、有名な名言などにも多数使われている「おもい」。


より伝わりやすくするにはどちらを使えばいいのだろう?


 

「思い出」と「想い出」


「思いやり」と「想いやり」


どちらが正しいのだろうか?どちらがより伝わる表現なのか?


 

実は、『何かを「思った」後でないと「想う」事はありえない』のだ


これはどういう意味だろう?


 

今回は、この2つの言葉に託された「おもい」を読み取っていくことにしよう。


「思い」について


【辞書的な意味】


実は、「思い」も「想い」もほぼ同じ意味だ。


「思い」と「想い」の意味

・感じること

・心に浮かべること


など、主な違いは使い分け方だけなのだ。


 

次に、「思い」のイメージを見てみよう。


「思い」にはプラスとマイナス、両方のイメージがある。


思い


「想い」について


「想い」は、「思い」の子供だ


とイメージするとわかりやすいかもしれない。


以下のように、「想い」とは「思い」の中に含まれているものだ。しかしそれは「思い」のポジティブな面を色濃く受け継いでいる。


想い


また、「想い 想う」は常用漢字ではない。


つまり、公の文書で使用することはあまりないと思われる漢字なのだ。


 

ポジティブな意味が強いので、この感情を伝えたい!と感じているときに使うのがいいだろう。


早速、両者の具体的な使い方を見ていこう。


スポンサードリンク



決定的な使い方の違い


それでは、この違いがどう活きてくるのか、例を挙げながら確認していこう。


まずは「想い」から


 

野球選手を目指すとき、「野球選手になりたいという想い」と言ったりするが、なりたくないもの、例えば「病気、 完璧主義、 優柔不断」などには「想い」は使わない。


 

それを考えると、ポジティブな気持ちになり、積極的に関わっていきたいという「想い」が湧いてくる。


相手の「相」が入っているのが「想う」。


なので、自分以外の誰か、何かがなければできない考えのこと。それが、「想い」の特徴だ。すると、以下のような表現がわかるようになる。


「御社への想いは本物です!」


「御社で〇〇を達成したいという想いがあります!」


 

面接で、または履歴書で熱意を伝えたいときはこちらを使うといいだろう。


「あなた(相手)がいるから私はこんな感情(心)を持つのだ!」ということを強く伝えたいときに、「想い」を使うと効果的なのだ。


 

また、「構想を練る」のように、何かの手順を考えるときにも「想」を使う。相手、または物のことを「強く心にイメージしたい」というときに使うのだ。


自分しか見えなくなっている、または何かに熱中しすぎていて、良い意味でも悪い意味でも視野が狭くなっている状態で使う。それが「想い」だ。


 

では、「思い」はどうだろう?


熱い想いを伝えるときに


「御社への思いは本物です!」というのは少し不自然に感じないだろうか?


 

「思い」は「自分の感想」を表すときに使われる場合が多いのだ。



・相槌を打ったり(自分もそう思います)


・結果に対して(そうなると思った)


 

ポジティブな意味にもネガティブな意味にも使える


「とてもいいと思います!」 ← ポジティブ 

「悲しいと思います…」 ← ネガティブ  


「想い」の場合はネガティブな意味で使われることは殆ど無い。

 

また、「思い」は常用漢字だ。

もしも「想い」と「思い」を迷ったら「思い」を使えばいい。公文書などでも使用できるので、間違いだとは言われないだろう。


よく見る表現


思い出」と「想い出


思いやり」と「想いやり


について見てみよう。


 

ここでも、意味がポジティブかどうかを見るだけで、だいぶ理解が変わっているはずだ。


(辞書に書いてあるわけではないので、あくまでイメージとして捉えてほしい)


思い出」 → 良くも悪くも、記憶に残っていることをイメージしている

想い出」 → 「思い出」の中でもポジティブなもの

思いやり」 → 積極的であるなしにかかわらず人に親切にすること

想いやり」 → 積極的に人に親切にすること


無意識的にするのが思いやり
意識的にするのが想いやり


普通に行動しているだけで、自分は親切にしているつもりはないけど、人からはよく「思いやりがあるね」と言われる。そんなときに使うのが「思いやり」


逆に、「人に親切にしよう!」というポジティブな気持ちで人に尽くすのが「想いやり」。などのように使い分ければ効果が増すだろう。


「思い」は「想い」の起点


自分はこう思った。だからこういう想いが生まれた。


 

何かを「想う」ときというのは必ず「思い」も生まれている。「あの人のことを想う」ということは、その人に対してなにか「思った」事があるのだろう。感情を強く表す「想う」の前に、自分でしっかりと何かを「思って」いるはずなのだ。


まとめ


最後に両者の意味をまとめてみよう。


思い

プラスにもマイナスにも考えるときに使う

・ポジティブで積極的な「おもい」には使わない

・常用漢字である

・迷ったら「思う」を使う

想い

ポジティブで積極的な意味で使う

・「思い」よりも使う機会が少ない、公文書で使わない