Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

健康診断 料金 どこで受けるのか? 前日にやること について

学校の新学期や、新入社員、採用面接などが控えている方たちにとって、

健康診断は避けて通れないものです。

 

学生の場合は、無料で受診できますが、事情により、

お金を払って受診しなければならない場合も出てくるでしょう。

 

会社勤めの方の場合は、企業側が健康診断の費用を

負担することになっていますので、年に一度だけ無料で受診できますが、

それ以外の方はお金を払って受診しなければなりません。

 

そこで今回は、健康診断にかかる料金、前日にやることは何か、

などについて見ていこうと思います。

スポンサードリンク




健康診断が受けられる場所のひとつは総合病院です。診断結果について、


医師からのアドバイスも受けられるのでオススメです。



次に、地域のクリニック診療所ですが、


設備的な問題で検査できない項目がある場合があります。



そして市区町村で行われる健康診断ですが、


これはかなりの格安で受けることが出来ます。



しかし、様々な条件(妊婦の方、40歳以上など)があるため


誰でも受けることが出来るものではありません。


無難なのは総合病院で受診することです。



次に健康診断の料金です。


健康診断の相場は


総合病院で一通りの検査(血圧、尿検査、身長、体重、レントゲンなど)


を行って大体8000~10000円だそうです。



健康診断には健康保険は適用されませんので、割引は期待できません。



確実なのは、健康診断を実施している病院に直接電話して、


検査項目、所要時間、必要な料金を聞いてみるのがいいです。


検査項目によって若干上下します。



項目で選べる場合や、料金で選べる場合など様々です。



自治体によっては、保健所で格安で受診できるところもあるようです。


また、年齢が35歳以上になると検査項目が増えるので、注意してください。


健康診断 前日についての注意を挙げておきます。



食事と水分について


採血検査を行う場合、前日に食べたものが血糖値に


影響することもありますので 、基本は空腹の状態で診断は受けます。


理想は採血の約10時間前から絶食するのだそうです。



朝受けるのであれば夜ご飯は抜いておき、


昼受けるのであれば朝食を抜いてください。


また、水分補給も止め、アルコールの飲用は絶対に避けましょう。



薬は飲んでもいいの?


血糖値に関係する糖尿病の薬は検査後に飲むのが好ましいとされています。


そのほかの薬は事前に医師と相談されたほうがいいでしょう。