Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

赤いぶつぶつができてとてもかゆい蕁麻疹(じんましん)

医者

発症の原理は、 皮膚の下にある肥満細胞が刺激を受けると、

ヒスタミンなどが放出されます。

このヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用すると、

皮膚の表面ににミミズ腫れのようなでこぼこや赤みが発生し

かゆみを生じます。

 

この症状にはアレルギー性と非アレルギー性とがあります。

 

非アレルギー性蕁麻疹の原因は、主に

温熱や寒冷、靴下、ベルトなどの圧迫による刺激

ストレスなどの精神的要因によって起こる物があります。

 

今回は、アレルギー性の蕁麻疹について、原因となる食べ物を見ていきます。

スポンサードリンク




原因となる食べ物は、肥満細胞を刺激し、ヒスタミンを出させるものです。


  • サバやアジなどの青魚、
  • そば、豚肉など肉類
  • タケノコ
  • 卵、牛乳
  • じゃがいも、トマトなどの野菜
  • キウイ、マンゴーなどの果物
  • ビ、カニなどの甲殻類
  • 抗生物質などの薬剤

このように、アレルギーになるとあらかじめ分かっているものは


避けるべきです。


 

 

食物が原因の蕁麻疹は、食べてから約数十分後に出ることが多いです。


まれに、食べてすぐ症状が出る人もいます。


 

 

特定の食べ物を食べるときに、たまたま体調が悪くて


蕁麻疹になった場合は、食品が原因だと勘違いしやすいので、


気をつけましょう。


 

 

また、小麦製品やエビなどの特定の食品を食べた後に運動をすると、


蕁麻疹などのアナフィラキシー症状を起こす人もいます。


 

 

アナフィラキシー症状とは、急性の重度なアレルギー反応のことです。


 

 

毎日のように、継続して発症する蕁麻疹の場合は


食物が原因になっているのではありません。


1ヵ月以上持続するものを慢性蕁麻疹といいます。