Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

年末になると、挨拶のときに「年の瀬」という言葉を使うようになる。

どういう意味で使われているのだろうか?

 

慌ただしい年末、「年の瀬」の意味を知っていると、手紙やメールを書くときや

貰った手紙を読むときに、相手の自分に対する気遣いが見えてくる。

 

あなたは、年末と年の瀬の違いはわかるだろうか?

微妙だが、たしかに大きな意味の違いがある。

今回は、年の瀬。

丁寧な挨拶文には欠かすことのできない、季節の表現を見ていくことにしよう。

どんな意味か?


年の瀬とは、主に12月~12月の後半以降に使われる表現だ。


意味としては、


「年の暮れ」「年末」と説明される。


 

意味は「年末」と同じだが、その裏には、このようなニュアンスがある。


「時間の流れが早く感じる」「忙しく過ごしている」


 

どのような年末ですか?


と聞かれたら


「忙しいです」「時間がないです」「やるべきことが多くて手が足りません」


と答える人が使う表現だ。


 

つまり「年の瀬」とは


「忙しい」年末 「めまぐるしい」年末


ということになる。どのような年末かを説明しているのだ


スポンサードリンク




なぜ「瀬」なのか?


瀬 = 流れが速い 浅い

年 = 今年のこと


あなたは、「いつか返すから」といって、ツケにしてもらったことは無いだろうか?


昔は、借金をしたら年末にその返済を行う習慣があった。借金を返し終わらないと年を越せない。そんな思いが、時間の経過を速く感じさせ「年の瀬」という言葉を産んだ。


 

「瀬戸際」という言葉がある。


「年の瀬」とは、まさに「年の瀬戸際」にいるということだ。


使い方


主に挨拶で多用されるのが「年の瀬」だ。


12月1日~12月31日の間に使われるのが一般的だが、


最も忙しくなる12月中旬から下旬にかけてよく使われる。


 

もちろん、12月初旬から忙しければどんどん使っていける。


 

そして


「時間が速く過ぎるように感じる」


ということを理解すれば、以下の表現が完全に使えるようになるだろう


 

・年の瀬はゆっくり過ごすつもりです


・年の瀬も押し迫って…


 

相手も自分も忙しいとわかっているときは


「年の瀬を迎え…」などで手紙やメールを書き始めてもいいだろう。


 

また、寒い時期だとわかっているので、


・年の瀬も迫り寒くなってまいりましたが、ご健勝のことと思います。


でもいいだろう。


 

特に忙しくもなければ、「師走になりましたが…」「12月になり…」


で始めたほうが自然だ。