Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

インフルエンザの解熱剤として使用される「コカール」

について。

 

インフルエンザの症状の一つとして、「高熱」

が挙げられます。

 

熱が出るのは、体の温度を上昇させて、菌に対する抵抗力を高める

ためです。

 

しかし、体温が高くなりすぎてしまうと、ウイルスによる体調不良よりも

高熱による害のほうが大きくなります。

 

熱により現れる悪影響としては、

・過度の発汗による脱水症状

・カロリーの消耗による疲労感

・寝苦しい時間が長時間続くことによるストレス

・食欲の減退による免疫力の低下

などです。

 

こういった不調が続くときに解熱剤は使用します。

 

解熱剤コカールはアセトアミノフェンとも呼ばれ、

世界中で使われている、効果に信頼性のある薬です。

スポンサードリンク




何度以上で飲ませるか?


一般的に、コカールの服用を進めている医師は


38.5℃での服用を推進しています。


 

解熱剤の役割は体温を下げること。


どんな時に体温を下げる必要があるかは


先述のとおりです。


 

体の不調がひどくなった時に使用するのです。


なので、38℃以上でも、体が元気であれば、


無理に使用する必要はありません。


 

というのも、解熱剤を使用するということは、


抗体の数を減らし、免疫力を下げることにつながるからです。


 

体が元気で熱が高ければ、その状態が一番効率的に


ウイルスと戦っている状態なので、経過観察で十分でしょう。


 

逆に、体に元気がなく、ぐったりとしている場合は


38℃でも使用することをおすすめします。


 

注意


コカールを服用すると、副作用として


吐き気や食欲不振など、消化器官の不調などが見られる事があります。


 

解熱剤を服用して、体調がますます悪化するようなことがあったら


迷わず医師に診てもらいましょう


 

余談


体温は脳によってコントロールされていて


通常は、41度以上には上がらないようになっています。


42℃以上になると、体内のタンパク質が変化し始め、


二度と元に戻らなくなってしまい、命にかかわることに


なるからです。


(関連記事:インフルエンザ(A型B型)の感染力とそのピーク、潜伏期間は?)