Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

検査による反応を見るときに「陽性」や「陰性」などという言葉をよく使う。

どちらがどういう意味で、どうしてそういう漢字を使うのか、見ていこう。

陽性と陰性の意味


陽性

・陽気なこと

・刺激に対する反応がはっきりあらわれること

・何かが見つかった


陽 ・・・ はっきり見えること

検査結果がはっきり見えることから「性」という字になっている。

陰性

・消極的

・検査反応がないこと、現れないこと

・何も見つからなかった


陰 ・・・ 表面に現れないさま

検査結果がはっきり見えない、現れないことから「性」という字が使われている。

使用例


インフルエンザ 陽性 → 感染している


インフルエンザ 陰性 → 感染していない



陽性であれば反応があり感染している。


陰性であれば反応がなく感染していない。



では、陽性反応が出たら絶望するしかないのか?


スポンサードリンク



陽性 = 病気では必ずしもない


実はそうとは限らない。


検査によるが、病気ではないのに陽性反応が出る人はいる。



陽性的中率という言葉がある。


陽性と判定された場合に、その人が本当に病気である確率だ。


同様に陰性的中率という言葉もある。




(※陰性だったにもかかわらず、実は陽性だったということもまれにある。


また、インフルエンザの検査、妊娠検査、HIVなどの検査で陽性的中率は違う。)




陽性的中率が高い検査を行うときに、大多数の人がかかるような病気で陽性反応が出たら、ほぼ病気にかかっていると考えていい。


難病の検査はほとんど当たらない?


では次の例を考えてみよう。難病の検査をした人は参考にしてほしい。


難病の検査をすることになった。

ここで99.9%の精度で陽性反応が出る検査があったとする。

自分に陽性反応が出たら99.9%の確率で自分は病気だ。

そして陽性反応が出た。


どう考えても絶望しかない。難病であればあるほど、自分は病気なんだという確信が持ててしまうのは当然だ。


しかし、ここにパラドックスがある。



検査には


病気で陽性反応が出た人(診断A)

病気ではないが陽性反応が出る人(診断B)

陽性反応が当たっている人(陽性的中率)


の3種類がいる。


欲しい結果は陽性反応が当たっている人の確率(陽性的中率)だ。


(※計算過程は流して構わない)


陽性的中率 = 診断A ÷ (診断A + 診断B)


では計算してみよう。病気にかかっており、陽性反応が出る確率(診断A)はこれだ。


確率1


病気ではないが、陽性反応が出る確率(診断B)はこちら


確率2


なので診断が当たっている確率(陽性的中率)


診断A ÷ (診断A + 診断B)


=0.09999/(0.09999 + 0.00999) = 9.083%



まとめ


難病にかかった疑いがあり、しかも陽性反応が出たときに、その診断が当たっている確率は、上の例では9%程になる。


なので、難病であればあるほど、その検査結果が的中している確率は低くなる。