Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

妊娠してお腹が大きくなると、眠るときなどに

お腹の赤ちゃんに与える影響を考えるかと思います。

 

何も知らず、仰向けで眠ると、子宮の下にある動脈と静脈を

圧迫してしまい、母子ともに悪影響が及ぶことも考えられます。

 

そこで今回は、妊婦さんにおすすめの「シムスの体勢」についてご紹介します。

スポンサードリンク




やり方は簡単


体の左半身を下にして眠るだけです。


具体的には、下の図のようにします。


しむす


・左手は背中側に持っていき、曲げるなり伸ばすなり、自分の好きにします。


・右足を曲げた状態で前に出します


・左足を伸ばし、足首から先は、伸ばしたほうが楽なら伸ばします。


シムスの体勢の効果


体の左側を下にして眠ることでどんな効果があるのでしょうか?


 


これは、血行の促進に効果があります。


人間の体で一番太い動脈と静脈は腰のあたりにあります。


 


この時、背骨から見て若干右側にある静脈を圧迫してしまうと、


心臓に帰ってくる血液の量が不足してしまい、


血液の循環がうまく行かなくなることがあります。


 


なので、体の左半身を上にして横になることで、


血行が良くなります。


 


 これにより、赤ちゃんへの栄養の運搬がスムーズになり、


老廃物の排出もはかどります。


 


なので、脚のむくみや静脈瘤の予防、改善にも効果があります。


 



また、強制ではありませんが、食後どうしても横にならないと


きついという場合は、右側を下にして横になることをおすすめします。


 


食べ物が消化器官をスムーズに流れていくには右半身を下にしたほうが


効率がいいからです。


 


気分が良くなったら左半身を下に戻しましょう。


 



シムスの体勢があまりなじまないという方は、


頭の高さや、腕の位置、足の高さや曲げ具合などを


変えてみることをおすすめします。


 


それでもうまくいかないという場合は


だき枕を使うと効果的だそうです。



マルチに使える ベビー&ママクッション (ベージュ)