Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

新居に越してきて、電気や水道、ガスを使いはじめるときには

それぞれの会社(電気、水道、ガス)に電話で伝える必要があります。

 

しかし、いざ電話しようとすると、何を伝えるべきなのか

忘れてしまったり、なんと言えばスムーズにやりとりが出来るか

不安になることはないでしょうか?

 

今回は電話で伝えるときに、なんと言えばいいのか?

どう伝えればうまくいくかを見ていきます。

スポンサードリンク




電気、水道、ガスを使うための手続きをするために電話をかけるので、


向こう(会社)に伝えるべき情報は以下の様なものになります。


・どこに越してきたのか?

・いつから使いたいか?

・どのインフラか?(電気、水道、ガス)

・結局何がしたいのか?(手続き)


これを伝えればOKです。


具体的に例を見て行きましょう。


 


電気の場合


引っ越した後であれば、


「本日、△△に引越してきた◇◇と言います。


今日から電気を使えるようにしたいので、手続きをお願いできますか


(手続きはどうすればいいでしょうか)?」


△△には引越し先のアパート名やマンションの名前、


◇◇には自分の名字を入れましょう。


 


これは、水道、ガスの場合にも同じようにして使えます。


この質問をすれば、後は向こうが指示や必要な質問を


してきてくれるので、それに答えるだけでOKです。


 


単純に


「今日から電気を使いたいので手続きをお願いできますか?」


でもいいです。



そうすると電気会社側から


・現在の住まい

・申込者の名前

・電話番号


などを質問してきてくれます。


 


電話番号は自分から言う必要はないでしょう。


質問されたら答えるようにすればいいです。


 


簡単な質問にしてもいいですが、


最初に挙げた例のように、あまり文章が長くならないようにしながら


情報を詰めたほうが、実際にはスムーズにやりとりができました。