Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「さっきまで元気だったのに突然…」

とても怖い突然死の一番の原因である心筋梗塞。

そんな心筋梗塞にも前兆があるようです。

医者

ここでは

心筋梗塞の前兆

心筋梗塞の原因

気をつける年齢

心筋梗塞の予防法

を見ていきましょう。

 

 

【心筋梗塞の前兆】

心筋梗塞は、心臓に通っている動脈が閉塞などにより、

血液の流量が下がることで、栄養が届かなくなり、

心筋が壊死してしまった状態となり、死に至る病気です。

 

その昔、テレビでも特集が組まれていましたが、

心筋梗塞の前兆の一つに「左肩の痛み」(または左肩のこり)というものがあります。

 

なぜ左肩なのか?

これは「放散痛」と呼ばれるもので、実際に痛むべき場所が痛まず、

違う場所が痛むことを言います。

 

この場合は、心臓のどこかが痛むべきであるのに、

間違って左肩が痛んでしまっているのです。

「痛い」と言う感覚は、神経を伝い、脳に到達することで

初めて「痛い」と感じます。

 

心臓が脳にこの痛みを伝える際に、左肩のほうにも神経が通ってしまっているので、

脳が「痛い」を伝えるときに左肩にも信号が流れてしまうのです。

神経伝達

心臓からの神経の伝達経路は左肩からのものと同じなので、

左肩だけに痛みが出やすいのです。

スポンサードリンク




【心筋梗塞の原因は?気をつける年齢】


心筋梗塞を引き起こすものは心臓の血管、動脈が詰まること。


つまりは動脈硬化が原因です。


 

動脈が硬くなってしまう要因、それは「加齢」が主なのですが、


その加齢を加速させてしまうもの、


例えば「生活習慣」「喫煙」「運動不足」「不摂生」などです。


 

油の多い食事ばかりとったり、長期にわたる喫煙、


または受動喫煙などの生活習慣の乱れ。


それによる生活習慣病、


糖尿病や高脂血症などが引き金となるケースがあります。


 

また、痩せ型の人でも、ストレスを多く受ける環境にいたりすると、


血管の収縮が起こり、心筋梗塞となる危険性があります。


 

気をつける年齢


心筋梗塞に気をつけるのに、早すぎることはありません。


発症するのは、早い人で30歳代半ばから、それからどんどん


発症率は上がっていきます。


 

おおよそ50~60歳代でピークになるということです。


また、女性よりも男性のほうが多い傾向にあります。


 

【予防法は?】


先ほどの心筋梗塞の原因の改善です


「生活習慣」「喫煙」「運動不足」「不摂生」「ストレス」など


 

つまり、動脈硬化を起こさせなければ、心筋梗塞は予防できます。


アンチエイジングを意識した生活を心がけるようにしましょう。


 

具体的には 


  • 老化の原因になる活性酸素を減らす食事、ビタミン、ミネラルなどをたくさん摂る。
  • 運動で肥満解消
  • ストレスの発散(運動)
  • 規則正しい生活リズム(生活習慣)
  • 酒、タバコを控える
  • 定期健診に行く

などです。 (関連記事:では右肩が痛い場合は?)