Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

歯に穴が開いてその部分が黒くなり、やがて痛み出す虫歯

歯

きちんと磨いても虫歯になることがあります。

いつ磨くのがベストか?

何が原因で虫歯になるのか?

放っておくとどうなるのか?

いまから見ていきましょう。

 

 

【虫歯になるプロセス】

  1. 食べ物を食べる
  2. 口内の菌が増殖する
  3. 菌が集まってプラーク(歯垢)が出来る
  4. プラークが酸を出し、歯を溶かす
  5. 溶解が進むと虫歯になる

食べ物を食べることで、その中に含まれている糖を栄養源とし、菌が繁殖。


プラークを形成し、歯を溶かし、虫歯になります。


 

 

では、食後すぐに歯磨きをすれば、虫歯は予防できるのでしょうか?


 

 

実は、ものを食べた後、口内は酸性になっていますが、


唾液の中和作用により、酸により失われた歯のミネラルが


元に戻っている最中(再石灰化)なのです。


元に戻るには30分ほどかかります。


 

 

なので、歯を磨くとしたら食後30分後がいいでしょう。


歯を磨くタイミングには諸説あって難しいですが、


歯の再石灰化が終わってから磨くほうが、ブラッシングによる歯の


磨り減りも少なくてすむでしょう。


 

 

虫歯を放置しておくとどうなるか?


最悪の場合死にいたります。


 

 

死にいたるプロセス↓


  1. 歯に開いた穴が歯茎まで到達する
  2. 穴の底に溜まった膿を血液が脳や心臓に運んでいく
  3. 脳に運んで行った場合は脳梗塞
  4. 心臓に運んで言った場合は心筋梗塞などを引き起こす

歯に膿が溜まることで、全身にその毒がいきわたり、体のあらゆる部位で


不調が引き起こされることになります。


 

 

口内だけですむ炎症ではないので、虫歯になったら絶対に放置せずに、


歯医者に行きましょう。


 

 

余談


キシリトールの含まれているガムなどを噛むと、歯の再石灰化


が促進され、虫歯になりにくいと言う報告もあります。


 

 

歯磨きだけで取れない歯垢は糸楊枝のような物がオススメです。


歯の間の歯垢が効率よく取れます。


 

 

また、虫歯になる体質かどうかは、幼児期に、


他人の持っている虫歯菌に感染しているかどうかで決まってきます。