Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

あまり広くは知られていない病気「慢性疲労症候群」

今回は、慢性疲労症候群とはどんな病気か、うつ病との違い、治療法

を見ていきます。
医者

「疲労がたまる」と言うのは、肉体的なものであったり、

精神的なものであったりする場合がありますが、この場合の疲労は

両方を指します。

 

どんなものか?


 

具体的な症状としては、


強度の疲労が半年以上の長期間に及び継続するもので、


身体的及び精神的な激しい疲労が続き、十分に休養をとっても


回復しない病気で、日常生活に著しい支障が現れるものです。


 

 

疲労というものは、体に休息をとるように警告しているものです。


 

 

日本では、全人口の0.3%ほどが罹患していると推定されていますが、


この病気、とても誤診の多い病気で、その症状からうつ病や更年期障害、


自律神経失調症と間違われる場合があります。


 

 

慢性疲労症候群と診断されるには、血液検査も含めて、


それと似た症状の病気の可能性がすべて否定されて初めて


慢性疲労症候群と診断されます。


 

 

うつ病との違いは何か?


 

うつ病の場合は、「抑うつ状態」「興味や喜びなどの感情の喪失」


と言った症状がありますが、「慢性疲労症候群」の場合も「抑うつ状態」


近い症状が出ます。


 

 

疲れがなかなか抜けないという点では共通していますが、


うつ病の場合は、感情の起伏が極端になくなってしまうことが特徴です。


 

そういった分かりにくい点が多数あるので、


診察ミスが起こったり、診断が困難になり、


適切な治療が出来ない場合があります。


 

また、どちらの場合も単なる「なまけ」とみなされることもあります。


 

スポンサードリンク




治療法は?


 

治療法としては


  • 投薬
  • 漢方薬
  • サプリメントやカウンセリングでの治療

があります。


 

[投薬について]


慢性疲労症候群には抗うつ剤が効果的で、


疲労感の軽減に繋がります。


しかし、副作用があるので、注意が必要です。


 

 

[漢方薬について]


漢方薬の場合は副作用が起こりにくいです。


しかし、人によって処方される量や効果がまったく違うため


処方が難しい治療法とされています。


 

 

[サプリメントやカウンセリングでの治療について]


この方法が一番効果があり、注目されている方法です。


 

 

難しい処方や厄介な副作用を考えずに、もっとも自然に無理なく


行える治療法です。


 

 

サプリメントを使い、不足しているミネラルの補給を行いながら


カウンセリングをし、自然治癒力を高める方法です。


 

 

この方法で、実際に快方に向かっているという人もいます。