Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

複数の臓器がなんらかの障害によりその機能を

十分に発揮できなくなってしまった状態、多臓器不全

rp_f2425fba60e2f2a764f080da09d9f59d-300x198.jpg

いまから

  • 多臓器不全の原因
  • 治療法
  • 生存率

についてみていきます。


 

多臓器不全の原因は何か?


主な原因は以下のようなものです。


  • 重症な感染症
  • 大きな手術
  • 低血圧
  • 心不全
  • 外傷

などの「生体を傷つける行為」(侵襲)です。



中でも「感染症」と「外傷」、「低血圧」が圧倒的に多いとされています。


これらの要因が単体で作用するわけではなく、相互に、複雑に絡み合って


発症するものだとされています。


 

 

「多臓器不全」と診断されるには


重要な臓器、


例えば「脳、肺、心臓、肝臓、腎臓」の中で


2つ以上の臓器の機能が不完全であった場合などがそうです。


 

 

障害の程度を考慮して、最終的な診断を下します。


 

スポンサードリンク




治療法は?


多臓器不全の前段階として「全身性炎症反応症候群


というものがあります。


 

 

多臓器不全の治療は、通常、臓器一つ一つに対して行うものなのですが、


それでは効率が悪く、一つの臓器に対する治療を終えた後、違う臓器に


悪影響が出ることもあります。


 

 

そういったことにならないように、前段階である「全身性炎症反応症候群


の状態で治療することが望ましいとされています。


 

 

比較的症状の表れが早いのは「」だと言われています。


どんな病気でもそうですが、早期診断と早期治療が生死を分けます。


 

 

ささいな症状でも見逃さないようにしたいですね。


 

 

生存率は?


生存率は決して高くないです。


治療後の生存確率は0~15%ほどです。


 

 

多臓器不全と診断された時点で、3つ以上の臓器に異常が見つかった場合、


生存確率はほぼ0であるとされています。


 

 

異常が2つの場合であれば、回復された方もいらっしゃるようなので、


生存確率については希望がもてないことも無いでしょう。


 

 

医師の腕にもよりますが、病気の進行具合でかなり変わってきます。


しかし、生存確率が低い病気であることに変わりはないということです。