Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

足という漢字は日常でもよく使います。

しかし、「脚」の方はなかなか使わないように思います。

 

でもこれらの漢字、実はイメージするだけで

簡単に使い分けができるようになります。

 

今回は「足」と「脚」の違いについて

それぞれのイメージの仕方、具体的な部位、使用例

などを見ていきましょう!

「足」の部位とイメージの仕方


「足」とは、足首から下で、地面に直接触れている部分を含む部位のことです。


日常では靴を履いたとき隠れてしまう部分のこと、それを足と呼びます。


 

地面に触れているところから


「柔らかい部分」とイメージするといいでしょう。


 

「足」の重要な使い方ですが、


動きを表す表現、に多く使われます。例えば、


足止めを食らう


足踏みする


足が速い


客足が遠のく


足が地に着かない (気持ちが落ち着かないこと)


など。


動きがイメージできる表現で使う」と覚えておくといいでしょう。


 

まとめ




・足首から下、地面に直接触れている部分

・靴ですっぽり隠れてしまう部分のこと

・柔らかいイメージ

・動きを表すときによく使う


スポンサードリンク



「脚」の部位とイメージの仕方


脚とは、本来は膝から下の部分のことなのですが、


足よりも脚の部分のほうが大きいためか、


腰から下に分かれている二本の部分全体のことも脚と言います。


 

ここで全体像を図にしましたので見てみましょう。



「脚」は、「支えるイメージ」を持ってもらうと使い方の違いがはっきりします。


 

本体を支える棒状の部分が「脚」です。棒状なので支えることがメインの仕事です。


つまり脚とは、動いている様子がイメージしにくいものであるといえます。


 

例えば


「椅子(いす)の


立(きゃたつ)」


などの使われ方がそうです。動かない物の表現に使われます。


 

また「点」や「思う」などの漢字の下の部分


「灬」や「心」は漢字の脚と呼びます。


 

脚はここでも支える役割を果たしています。


 

まとめ


・棒状の部分

・支えるイメージ

・動きがイメージしにくいもの