Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

乾燥肌は老化の原因になります。

乾燥による新陳代謝の乱れで肌が老化するのです。

 

放置しておくと年齢以上に見られるだけでなく、

様々な湿疹が現れたり、肌のトラブルが続くようになります。

若々しく見られるためには肌が潤っている必要があります。

 

かさかさしてかゆいだけならまだしも、外見や生活に支障をきたす

場合も多数みられますのでしっかりとケアしていきましょう。

潤い

今回は、

  1. 乾燥肌の原因
  2. スキンケアの仕方

を見ていきます。


 

乾燥肌の原因


以下の場合についてみていきましょう。


  • 先天的な場合
  • 後天的な場合
  • 環境
  • 大人と子供での原因の違い

 

先天的な場合ですが、これは両親のどちらかが乾燥肌であった場合に


遺伝として現れるもので、根本的な解決は出来ません。


なので、後に見ていく方法でケアしていきましょう。


 

 

後天的な場合ですが、これは


  • 加齢による皮脂の減少
  • 石鹸などの使いすぎによる肌へのダメージ
  • 洗いすぎによる皮脂の落としすぎ

などによるものです。


硬いたわしのようなもので肌を強くこすったり、一日に何度も


洗ったりしていると、必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになります。


 

 

環境が原因の場合はどうでしょうか?


冬場はどんな肌質の人でも乾燥する要素が整っています。


 

 

室内では


暖房により、空気を乾燥させ、外との温度差が激しくなることにより


痒みを悪化させます。


 

 

室外では


冬の外気は湿度が低く、それだけで乾燥の原因になります。


 

 

大人と子供ではどう違うか?


大人の場合の乾燥肌は


「老化による、肌の水分量や皮脂の減少、それによる乾燥」


子供の場合の乾燥肌は


「皮脂腺の未発達による乾燥」


が多いです。


 

 

スキンケアの仕方


肌の乾燥に対しては、外側に保湿クリームを塗るだけではなく、


内側からもケアする必要があります。


内側からのケアの仕方としては、こまめな水分補給や、


サプリメントでの保湿です。


 

 

ケアの例


洗顔をする際は、熱めのお湯で洗顔すると、必要な皮脂まで落としかねないので、


ぬるめのお湯(約32~34度)で洗ってあげてください。


 

 

その後で、保湿性の高い化粧水やクリームを使用しましょう。


最後に、アミノ酸コラーゲンを含んだサプリメントを摂取することで


内側と外側からのケアは完了です。


 

 

また、「馬油」は 人間の肌の油に一番近く、


浸透力と保湿力が高いのでオススメです。


 

 

余談


肌が乾燥して痒みが出ると、ついかいてしまうので、痒みを抑えることは重要です。


痒みを放置しておくと湿疹(皮脂欠乏性湿疹)ができます。


あまりにもひどいようでしたら、すぐに皮膚科を受診してください。