Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

子供の感染性胃腸炎 原因 菌 対策 予防 について


 

【感染性胃腸炎】とは


感染すると下痢や発熱、腹痛など、日常生活に支障をきたす厄介な病気です。


感染する病原菌の種類によっても症状は若干変わってきます。


a0001_014075

この病気は、A,B,Cの 3種類の菌がいたとして、どれか一つ特定の菌に感染すると


症状が現れるということではなく、


複数の菌(A,B,C)に感染して現れる症状のことです。


よって、どれか一つの菌に対して対策を講じても効果は薄く、


幅広く対策を考えておくことが重要になってきます。


 

 

子供(0~5歳)の場合の感染性胃腸炎は「ロタウィルス」,


「アデノウイルス」という菌によるものが多いです。


 

 

流行は2月から5月頃


 

 

では、どのような経路をたどり、感染するのでしょうか?


 

 

感染経路


ロタウィルスの主な感染経路は 経口感染です。


菌に感染した人や物に触れた後、手を洗わずに食器を触ったり、


調理を作ったりしたときに感染しやすくなります。


 

 

アデノウイルスの場合も経口感染ですが、それ以外に飛沫(せき、くしゃみ)


による感染があります。


 

 

アデノウィルスの場合は、風邪のような症状(鼻水、せき、のどの痛み)が現れる


ことがあり、ロタウィルスの場合は、ノロウィルスの場合の感染性胃腸炎よりも


重症になる場合があります。(症状が長続きする)


 

 

対策と予防


ロタウィルスの場合


月並みではありますが、手洗いうがい、食材の十分な加熱調理などで


殺菌が可能です。また、アルコールでは殺菌が出来ないので注意してください。


 

アデノウィルスの場合


特に感染しやすい飛沫感染については、市販のマスクを着用するなどがあります。


汚染物に触れた場合は、ロタウィルスと同様に、


手洗いうがいを欠かさないようにしましょう。