Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

今回は、100円ショップがどのように利益を得ているのか、

売られている商品で、一般の人が買ってよかった!と思える商品

などをご紹介していこうと思います。

 

100円ショップを楽しむために、まず、

100円ショップの概要を見ていきましょう。

 

100円ショップ(100円均一)とは、

その店にある商品をすべて100円の統一された値段で

販売している形態の小売店の総称です。

 

販売されているものといえば、食器や文房具などの日用品が多いです。

 

なぜ安い?どういう理屈で利益を得ているのか?

これは、大きく2つの場合が考えられます。

【1】
利益が少なくても大量に仕入れる(何百万個単位で)

安いから買う人が沢山いる

一つ売って利益が1~2円でもすべて売れれば相当な利益になる(何百万円)


 

【2】
200~300円以上の商品も100円で売られているが

その商品だけでなく、ほかの100円以下の商品も100円で売られているため

トータルで黒字になる。(下の図参照)

図9

(↑クリックして拡大)

基本的に、お客さんの買い物籠の中身は、

平均で100円を下回ることが多いそうです。

 

【2】を考慮すると、どの商品が100円以上なのかを考えて買えば

かなり得をすることになります。

 

100円均一だからと言って、

すべての商品が同じ価値ではないという視点を持てば、

買い物もかなり楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

もちろん本当に買いたいものを優先させるのが大事ですが、

本来、買い物は楽しいものなので、

掘り出し物を見つける心の余裕も欲しいですよね!

スポンサードリンク




また、以下に買って得したという声が多かった商品を掲載します。


買うときの参考にしていただければ幸いです。


得したと思うもの


 

手袋、ニット帽


→出かけるときに忘れてしまった場合即席の防寒具になる。


コスメ用品


→当たりはずれ激しいそうですが、使えるものも多いとか。


キッチン用品


→しゃもじ、スプーン、ゴムベラ


主婦に人気です。


文房具


→ルーズリーフ、テープ、ファイル


デザインにこだわりがないのなら、ルーズリーフはオススメです。


 

余談


ちなみに、管理人も100均一で買ったしゃもじはいまだに愛用しています(5年目)