Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

去年の分の灯油を綺麗に使い切れずに、

残ったままの方も多いと思います。

 

今回は、

去年の灯油はまた使えるのか?

灯油の処分の仕方

について見ていきます。

スポンサードリンク




去年の灯油はまた使えるのか?


基本的には、時間が立った灯油は使わずに捨てるのがいいと言われています。


 

理由は、灯油の劣化による弊害です。


劣化すると、具体的には


・燃費効率の悪化


・ストーブやヒーターに悪影響(機器の寿命が縮む)


・水分がまじり不完全燃焼しやすくなる


等が挙げられます。


 

昔の灯油が使えるかどうかは保存状態にもよります。


灯油は、酸化以外にも、太陽の光に当たると劣化します。


 

薬品などで、褐色のビンに入っているものがありますが、


あれは光による劣化を防ぐためのものです。


 

なので、冷暗所で保存しており、なおかつ


密封した状態が長ければ、劣化はあまり進まないでしょう。


 

しかし、万が一が考えられますので、処分したほうが無難です。


火災の心配がないとも言い切れません。


処分の仕方


一般的には、ガソリンスタンドで引き取って貰う人が多いです。


その際注意するのは、有料で引き取ってくれるのか、


無料なのかを事前に確認しておくことです。


 

少しでも費用の節約になります。


処分の仕方はスタンドの人に聞けば教えてもらえます。


 

間違っても新聞紙に吸わせて燃えるゴミに出したり、


パックなどに小分けにして出さないようにしましょう。


 

収集車に載っている間に、火災の原因になりえます。


冬場は特に静電気が発生しやすいので、


それが原因で発火することも考えられます。


 

結論としては、


灯油はそのシーズン中に使い切るように計画的に購入し、


古くなったら購入した先のガソリンスタンドで処分を依頼する


ということになります。


 

保存方法は


遮光容器に入れて、しっかりと密栓し、高温多湿な場所で保存しない。


冷暗所で保存する。


あまり長い期間保温しない。


 

ようにしてください。


 

余談


あまり古くない灯油であれば、


ガソリンスタンド側が買い取ってくれる場合もあります。